春日山原始林を未来へつなぐ会

春日山を未来へつなぐために

未来へつなくべき春日山のすがた

木々や草花、シカや野鳥をはじめとする
生き物たちが共生し、いのちを紡ぎ合う『豊かな森』

訪れたわたしたちの五感に働きかけ、
リフレッシュさせてくれる『癒しの森』

人の営みと共に護られてきた歴史や
文化が息づく『神の森』

わたしたちは、このような森の姿を
次の世代へつないでいくための活動をおこなっています。

春日山石窟仏

わたしたちの活動内容

「まもる」「つたえる」「そだてる」をテーマに「保全ワーキング」「普及啓発ワーキング」の二つのワーキンググループで会員を中心とした活動を実施しています。

保全再生活動:まもる

春日山原始林の管理主体である奈良県と連携し、貴重な照葉樹林を残していくために必要な保全活動を実施しています。
  • ナラ枯れ対策
    ナラ枯れ対策
    春日山原始林内において、原因となるカシノナガキクイムシをトラップを設置し捕獲する作業を実施しているほか、健全木の防除のための樹幹注入作業なども行っています。
  • 鹿との共生
    鹿との共生
    奈良県で設置している植生保護柵の一部について、破損等の確認や周辺状況の整理など巡視活動を実施しています。
  • 拡大樹種の調整
    拡大樹種の調整
    拡大傾向にある外来種ナンキンハゼの実生を引き抜いて除去する作業のほか、指定された植生保護柵周辺のナギの数量調整をおこない、分布拡大の抑制作業を行っています。

普及啓発:つたえる

奈良県民、子どもたち、旅行者の方々に、原始林での体験を通じて原始林を“つたえる”イベントを実施しています。
  • 世界遺産 春日山原始林自然観察会
    世界遺産 春日山原始林自然観察会
    毎回、研究者や実践者の方々を講師に迎え、奈良公園や春日山原始林の自然を観察するイベントです。時には、フィールドワークと講義などじっくり原始林について知る会も開催するなど、市民の皆さんに春日山原始林について知っていただく事を目的とした観察会です。
  • 親子向けプログラム
    親子向けプログラム
    親子で春日山原始林を歩いたり、葉っぱや木の実について学んだり、奈良公園や春日山原始林という奈良に住む方々にとって身近な自然を楽しみながら学ぶプログラムを実施しています。

人材育成:そだてる

春日山原始林を未来へつなぐ活動をより継続性の高いものにしていくために必要な人材育成を実施しています。
  • 環境教育プログラム
    環境教育プログラム
    近隣の学校向けに春日山原始林をフィールドに校外学習を実施しています。世界遺産学習の一環として奈良の景観の土台とも言える春日山の現状と保全の必要性について体験を通じて学んでいただきます。
  • 会員研修
    会員研修
    春日山原始林をつたえていくために、会員が主体的に行う勉強会や研修などを行っています。