春日山原始林を未来へつなぐ会

事務局日誌

【報告】7/25 親子で春日山原始林を歩こう!

 梅雨明け翌日の7月25日。奈良県の「山の日・川の日」「大和川の月間」イベントガイドブックへ掲載されているイベント「親子で春日山原始林を歩こう!」を実施、県内から9家族26名の方々にご参加頂きました。当日のレポートが普及啓発WGの担当者から届きましたのでアップします。

 

 朝からお天気に恵まれ、緑のシャワーを浴びながら春日山原始林北部遊歩道を歩きました。大きな木々に囲まれた森の中は、ヒンヤリ~と涼しく、川のせせらぎも涼しげで心地良い。

 中水谷休憩所の谷水を調べていたら、きれいな水の住人『サワガニ』がでで来るサプライズも。

 あちらこちらで緑や青のオオセンチコガネやキマワリ、セミ等がお出迎えしてくれて、誘われるように若草山頂上へ。

 みんなで声を合わせて『ヤッホ~!!』って言ったら山びこが帰ってきて嬉しかったね。

 それから、暑い暑い山道を下って 無事、下山! 頑張ったね。また、会いましょう。

このプログラムでは、気温と水質を調査しました。
結果は以下の通りです。

7月25日親子で原始林散歩測定結果(PDF)

【参加者の声】抜粋
・しかが、よってきた。きのこが、 いっぱいあった。
・いろいろな虫にあえて おもしろかった。
・温度比べができて体感の実際を調べられたこと。いろんな虫を見れたこと。
・森の涼しさを味わったこと。
・むささびのうんちが小さいのをしった。
・本物のタマムシをはじめて見た。