春日山原始林を未来へつなぐ会

お知らせ

第9回世界遺産春日山原始林観察会のお知らせ

2016年10月24日

夏の終わりと共に台風や雨が続き、気がつくとすっかり秋が深まってきました。
さて、2ヶ月ぶりとなる第9回世界遺産春日山原始林観察会のお知らせです。
今回のテーマは『コケ』。

cm(センチメートル)の世界
コケの世界から春日山原始林を考える
普段、見えているようで見ていないコケの世界いつもとは違うセンチメートルの世界から春日の森を観てみましょう。

4a3ef2_92a5a0f7730a43958f16b4676108c6b7のサムネイル 上記画像をクリックするとPDFファイルがダウンロードされます。

今回は、会員で、巨樹の案内などをやっている河原さんを講師に、コケという植物の成り立ちや、春日山原始林のコケがどのような状況なのか、なども踏まえて学びます。歩く距離は短めとなっておりますので、歩くのが苦手な方にもおすすめの観察会です。

先日、つなぐ会の会員向けの勉強会で、この観察会の下見を兼ねましたが、参加された皆さん、コケを見つめるあまり、なかなか先へ進めず(汗)。一度はまると抜けられないコケの世界。ぜひご参加ください。

【問い合わせ・申し込み】 kasugatsunagu@gmail.com
記載事項:(1)お名前 (2)住所 (3)PCからのメールが受信できるEメールアドレス、電話番号を記載の上、お申し込み下さい。

第8回春日山原始林観察会のお知らせ

2016年06月09日

いよいよ梅雨入りしましたね。
春日山原始林での活動をされる方々には「ヒルの季節」として敬遠されがちですが、今年は、まだ雨も多くないこともあり、森の中でのヤマビル被害も少ないです。

さて、次回の観察会についてお知らせいたします。
次回の観察会は、奈良県の春日山原始林保全計画検討委員会、奈良のシカ保護管理計画検討委員会の両方の委員会のメンバーとなっている奈良教育大学の松井淳教授を講師にお迎えし、春日山原始林の現状について学びます。
春日山原始林が森林として、今どのような現状にあるのか。松井先生と森を一緒にあるいた後、室内でお話を伺います。ぜひご参加ください。

第8回 世界遺産春日山原始林観察会
 「春日山の森は健全ですか?」
講師:松井 淳 (奈良教育大学教授)

長い歴史と文化に育まれ、護られてきた春日山の森・春日山原始林
みなさんの目には、どのような森にうつっているのでしょう‥。
森の中に入り、その目で診て、聴いて、森の今を感じてみませんか。

日時:2016年7月2日(土)10:00~14:00(予定)
集合:春日大社本殿前バス停(春日大社駐車場内)
定員:30名(先着順)
日程:10:00 春日大社駐車場~春日山原始林遊歩道~12:00頃(昼食)
    13:00~講演会(会場:春日野国際フォーラム別館)14:00解散予定
持ち物:昼食、飲み物、筆記用具、雨具、ハイキングのできる服装で
参加費:500円(保険料・資料代込み)

■講師プロフィール
松井 淳(まつい きよし) 氏
奈良教育大学理科教育講座教授
理学博士
専門は植物生態学・保全生態学。
奈良県春日山原始林保全計画検討委員会委員、奈良県奈良のシカ保護管理計画検討委員会委員
NPO法人森林再生支援センター理事、奈良県自然環境保全審議会委員、環境省大台ヶ原自然再生委員会委員
http://www.nara-edu.ac.jp/guide/list/science/kmatsui.html

■お申し込み
件名に 7/2世界遺産春日山原始林観察会参加希望 と記載の上、
1)お名前 2)住所 3)電話番号・FAX・メールアドレスのいずれかを記載のうえ、下記宛に御連絡ください。
※携帯電話のメールアドレスを御連絡の場合は、PCからのメールが受け取れるように設定をお願いいたします。
お申し込み先メールアドレス:kasugatsunagu@gmail.com


第7回 世界遺産春日山原始林観察会のお知らせ

2016年05月06日

アースデイ奈良でのグリーツアーには、多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。
次の観察会の広報がスタートしております。(遅くなり申し訳ありません)

次回は、5/22(日) 日本野鳥の会 奈良支部 顧問の小船武司さんを講師に、原始林の観察&講義というスタイルで実施します。

小船さんには、これまでに「春日山原始林入門講座」においても第1回に登壇いただきましたが、春日大社に勤務された後、県庁の鳥獣保護関連の部署に勤務、その後、奈良の鹿愛護会の事務局長に就任されるなど、奈良公園や春日山原始林との深い関わりをもっていらっしゃる方です。
一方で、日本野鳥の会奈良支部の中心となり、奈良の野鳥の現状を観察し続けてきた方でもあります。

日本野鳥の会奈良支部で出版した「奈良の野鳥ものがたり」では監修をつとめられており、この本の中でも原始林内の野鳥の変化が記されています。
http://www.hobbysworld.com/item/26114335/

また、春日山原始林を扱った唯一の書籍「世界遺産 春日山原始林 -照葉樹林とシカをめぐる生態と文化- 」でも春日山の野鳥に関する部分を担当していらっしゃいます。
http://www.nakanishiya.co.jp/book/b135027.html

春日山原始林の生態系について、野鳥の面からとらえたフィールドと講義の充実した内容です。
期日が迫っておりますが、ぜひご参加ください。

第7回 世界遺産春日山原始林観察会
野鳥から見た春日山原始林の今昔
2016年5月22日(日)小雨決行
講師:小船武司 (日本野鳥の会 奈良支部 顧問)

原始の照葉樹林の面影が残る春日山原始林。
この森は多くの生き物たちの命も育んできました。
長年の野鳥観察から見た森の変遷を探ります。
《 先着受付30名 》

集 合 /  10:00 春日大社本殿バス停前 ・・ 春日大社駐車場横
日 程 / 春日大社駐車場〜春日山原始林遊歩道~12:00頃春日野園地〜
(昼食)13:00~講演『甍』(元新公会堂)~14:00解散予定
持ち物 / 昼食、飲み物、筆記用具、雨具、ハイキングの出来る服装で
参加費 / 500円(保険料・資料代込)
後援 / 奈良県

問い合わせ・申し込み先
メールかFAXで (1)お名前 (2)住所 (3)電話番号・FAX・Eメールのいずれかを記載の上、お申し込み下さい
FAX:0742-55-8368  E-mail :kasugatsunagu@gmail.com

4a3ef2_2c9fcf251e6347a4ac9c87041ba31dedのサムネイル