春日山原始林を未来へつなぐ会

観察会

【参加者募集】11/21(日)春日山原始林で大杉のアクセサリーづくり

世界遺産春日山原始林観察会。新型コロナウイルスの影響で、今年度はなかなか開催できないでいましたが、いよいよ再開をすることになりました。

再開の第1回目は、11/20(土)から開催される「春日山原始林アートプロジェクト2021」に関連する企画として実施します。

秋の春日山原始林を感じて歩き、首切り地蔵の大杉のあった場所で大杉の端材を使ったアクセサリー作りを行います。


撮影:前川俊介

世界遺産春日山原始林観察会
「春日山原始林で大杉のアクセサリーづくり」

春日山原始林内滝坂の道(旧柳生街道)首切り地蔵の傍らにあった大杉の端材をつかったアクセサリーを、大杉があったその場所でつくるワークショップです。

滝坂の道を歩き、春日山原始林の素晴らしさと現状の危うさを感じていただいたのち、大杉のあった場所で木を削り、落ち着いた気持ちでアクセサリー作りを行います。

9月に開催した京都での春日山原始林アートプロジェクト2021でも会場となった京都府民ホールアルティの日本庭園を眺めながら実施しましたが、今回は、元となる春日杉があったその場でのワークショップです。

森歩きとものづくりを組み合わせた体験となります。体験後は、奈良公園バスターミナルで開催されているアートプロジェクトへもお越しください。

開催日 2021年11月21日(日)
時 間 9:30〜14:30
集合場所 飛鳥中学校前
参加費 1500円(材料費等込み)
対 象 10名(小学校高学年以上推奨) 
講 師 山下ゆりこ(ジュエリー作家)
お申込 https://forms.gle/mhAgU5VL6Cm25h5L7
持ち物 お弁当、飲み物、タオル、敷物、防寒着
服 装 ハイキングの服装(歩きやすい靴:トレッキングシューズ推奨)長袖、長ズボン

※この観察会は奈良コープ環境活動助成を活用して実施します。

 

 


レポート:世界遺産の春日山原始林を歩き学ぼう

モビリティウィーク&カーフリーデーなら2021の一環として、「世界遺産の春日山原始林を歩き学ぼう」を開催しました。
9/20(月・祝)秋晴れの気持ち良い1日に、19名の方々にご参加いただき、春日山原始林を歩き学ぶツアーを実施しました。
感染症の拡大防止のため、グループを3つに分けてそれぞれにつなぐ会のガイドが同行し、原始林を歩きました。

春日山の木々をはじめとする自然や、文化的な背景、現在の課題などについてご案内しました。
春日山原始林を初めて歩く方も、そうでない方も、気持ちの良い森を楽しんでいただきました。


【レポート】夏休みの親子向けプログラムを実施しました。

今日から9月、なかなかイベントごとが開催しにくい夏休みでしたが、つなぐ会では、7月〜8月にかけて親子向けのプログラムを実施しました。

7月28日 原始林で名探偵!

春日山原始林の山の主からの指令にチャレンジする「名探偵シリーズ」これまで、奈良公園、春日山原始林の北部遊歩道と実施してきて、今回は滝坂の道をフィールドに実施しました。

森の主からの挑戦に答えていくと、春日山の不思議やすごさ、課題などに気づくことができるプログラムです。

7月30日 葉っぱ図鑑をつくろう!

これまでも実施していた葉っぱ図鑑をつくろう。今年は、奈良公園登大路園地周辺の木々を巡った後、涼しい奈良公園バスターミナルの2階で仕上げと振り返りを行いました。それぞれが素敵な図鑑を完成させてくれました!

7月31日 春日山原始林の自然の不思議を体験しよう!

春日山原始林を親子で歩くプログラムです。涼しい午前中に春日山遊歩道の北部エリアを途中まで歩き、春日山原始林の木々や植物を観察しました。

8月19日 木を遊ぼう学ぼう!

奈良公園バスターミナルで奈良公園の倒木材を活用したクラフトプログラムを実施しました。屋上から春日山を眺めて森について学んだ後、木の手触りや特徴から4つの樹種を見分けるゲームにチャレンジしたあと、思い思いの材を選んでストラップ作りを行いました。