春日山原始林を未来へつなぐ会

お知らせ

夏の親子イベント申し込みフォーム

2021年05月14日

このページは夏のイベントプログラムの申し込みフォームとなります。

申し込み多数により以下のイベントは受付を終了しております。何語ぞご了承ください。

7/28 原始林で名探偵 (小学3年生以上対象)

7/30 葉っぱ図鑑を作ろう!(小学生以上)

8/19 木を遊ぼう、学ぼう(小学生以上)


【参加者募集】自然を楽しもう!春日山自然学校プロジェクト2021

すっかり春の陽気となりました。

奈良公園は桜も七分咲き。春日山も木々の芽生えが美しい、生命力を感じる季節です。

昨年は、コロナの影響でオンライン開催となった「アースデイ奈良」今年は感染症対策に十分留意した上で開催を予定しています。

アースデイ奈良2021

つなぐ会のブースでは、子どもたちが楽しめる「ビュンビュンこま」のキットや、ムクロジのシャボン玉体験、春日杉の端材の展示や、寄付返礼品のご紹介などを予定しています。

合わせて、例年実施している「春日山自然学校プロジェクト」も実施します。昨年は、春の実施ができなかったので、秋に開催。
昨年の秋同様に、近畿ろうきん「笑顔プラス」の寄付金を奈良ストップ温暖化の会が受け、共催という形で開催となります。

■イベント詳細

自然を楽しもう!
春日山自然学校プロジェクト2021

人と自然の関わりの中で残されてきた春日山原始林や奈良公園の自然を、楽しみながら学ぶ場として活かすのが「春日山自然学校」。春日山の自然と歴史を学ぶ大人向け、奈良公園の自然で遊ぶ親子向けの2つのコースで開校します。

※グループに分け、密接・密集にならないよう実施します。

開催日 2021年4月24日(土)アースデイ奈良2021
集合 
奈良公園登大路園地(春日山原始林を未来へつなぐ会ブース)
時間 11:00〜15:00 頃(受付10:00〜)

❶ 歩いて学ぶ春日山コース

春の春日山原始林を歩き、その自然と歴史、そして課題について学ぼう!

●定 員:30名程度
●対 象:小学5年生以上 ※小学生以下は保護者同伴
●時 間:11:00〜14:00(昼食持参)
●ルート:アースデイ会場⇆春日山遊歩道北部
●ガイド:春日山原始林を未来へつなぐ会

❷ 奈良公園でネイチャーゲーム

奈良公園の自然を楽しみながら、自然と人のつながりについて学ぼう!

●定 員:各回 親子10組(20名程度)
●対 象:小学生以上の子どもとその保護者 ※未就学児は見学のみ
●午前・午後2回開催(いずれかお申し込み)
 11:00〜12:30 13:30〜15:00
●講 師:奈良県シェアリングネイチャー協会

■申し込み方法
下記フォームからお申し込みください。
https://forms.gle/rUsC8QAWNEswo2Hx7

チラシDL

 


【レポート】第32回春日山原始林観察会を開催しました!

春の訪れを感じる3月7日に、第32回となる世界遺産春日山原始林観察会「野鳥編」を開催しました。当日のスタッフから報告がありましたのでアップいたします。

当日は良い天気になりました。

予め原始林内には野鳥が少ないことを話したうえでスタートしましたが、本当に鳥にはなかなか会えませんでした。

シジュウカラ、ヤマガラ、エナガがいて、イカルは声が聞けました。外来種ソウシチョウの10羽ほどの群れにはちょっとびっくり。なかなか見られないキバシリを見つけた方がありました。そのほか、ヒヨドリ、コゲラ、シロハラ、アオジ、カラスの声など。若草山山頂にはホオジロがいました。

双眼鏡を持っていない方もあって、取り扱い方や買う時の注意点など話しました。ほかの生物でもそうですが、特に野鳥は季節による違いが大きいので、初夏の頃などにも観察会ができたら良いと思います。

(レポート:中西)

参加者の声(抜粋)
・楽しく歩けた。のんびり観察できた
・双眼鏡の使い方なども知らなかったので教えてもらえてよかった。
・鳥が少なかったのが残念ですが、説明はとても詳しくて楽しめました。
・イカルの声が聞けてよかった。
・ヤマガラを初めて見れました。
・イヌガシ、シキミの花をしっかり見られてよかった。
・キバシリが見れた。

写真は後日、事務局が撮影したソウシチョウ。美しい姿をしていますが、特定外来生物にしていされており、ウグイスやオオルリの営巣場所と競合すると言われています。標高の高い(だいたい1000m程度)のササの発達した落葉広葉樹林で繁殖し、越冬期には低標高に移動する漂鳥だそうで、この時期は群れで行動するようです。